HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問宗派による表書きの書き方と袋の選び方と書き方

宗派による表書きの書き方と袋の選び方と書き方

宗派で違う表書きと書き方と袋の選び方

宗派で違う表書きと書き方と袋の選び方
御香典を包むときに使う、不祝儀袋への表書きは宗教によって違ってくるので、気を付ける必要があります。

仏式では、‘御霊前’‘御香典’‘ご仏前’という言葉を使い、神式は‘御玉串料’‘御榊料’と書き、キリスト教では‘御花料’と書きます。
(キリスト教の場合、プロテスタントとカトリックで違うので注意が必要です)

表書きを書く時に、遺族の宗派を聞いておく必要がありますが、確認する暇がない場合や、何かしらの理由で聞けない時には、不祝儀袋へ‘御霊前’と書きましょう。

また、自分の名前は薄墨で書くのが昔からのしきたりで、薄墨で書く理由は‘涙で墨が薄くなった’という意味が込められています。

不祝儀袋を選ぶときには、自分が包んだ御香典に見合ったものを選びましょう。
金額が多ければ、銀一色の双銀と呼ばれる水引や大判の袋や、豪華なものを選びます。

御香典に使用するお札は、新しい札に軽く折り目を付けてから包んでください。

不祝儀袋の選び方の基準と御香典について

不祝儀袋の選び方と書き方は、

1.包む金額で袋の格を決める

  • 御香典が5千円以下→水引が印刷された簡単なもの
  • 10.000円~20.000円→黒白の水引のもの
  • 30.000円~50.000円→双銀の水引のもの
  • 100.000円以上→大判でひだ折りのあるもの

2.宗派によって異なる水引きの色

  • 仏式→黒白もしくは銀一色の双銀
  • 神式→黒白もしくは白1色の双白、双銀
  • キリスト教→白い無地の封筒でも可

この2つが大事です。
不祝儀袋の選び方の基準と御香典について
書き方にですが、まず、表面の水引の下に自分の名前をフルネームで書きますが、この時、サインペンやボールペンなどは避け、筆ペンか薄墨を使いましょう。

そして裏面は、水引をかけれるように、上の折りと下の折りをかぶせます。
慶事と反対になるようにしましょう。

中袋は、金額、住所、名前を記載します。

金額については、修正が出来ないように漢数字を使ってきます。
1万円ならば‘金壱萬円’という風に、全て漢字で書きましょう。

御香典に包む額については、故人や遺族とどれだけ仲良くしていたか、お世話になっていたか、地域のしきたり、葬儀の規模など、様々な理由で金額が前後します。

ただ基本は、どれほど深い付き合いだったか、が重要になります。

一家の主人のお葬式であれば、多く包んだりと、ケースバイケースなのです。

ですが、多く包めば良いという訳ではなく、遺族が香典返しに困らない程度の額にするのが礼儀です。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください