HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問通夜や葬儀に参列せず、後で不祝儀をお渡しする際に「御供」と表書きに書いてよいのでしょうか?

通夜や葬儀に参列せず、後で不祝儀をお渡しする際に「御供」と表書きに書いてよいのでしょうか?

「御供」は避けた方がよいでしょう。
一番万能な表書きは「御香典」
一般的に四十九日が済んでいなければ、「御霊前」「御香典」のどちらかが良いです。

「御供」は通常、お金でなく品物に対して使う書き方です。

お供えの品代代わりに、少額のお金を供える場合にも「御供」または「お供代り」と書くケースもありますが、「葬儀の知識がない」と思われてしまうケースもあるので、避けた方がよいでしょう。

一番万能な表書きは「御香典」です。

「御霊前」でもよいですが、こちらは少しややこしくなります。

というのも、仏教で四十九日までは、「御霊前」、四十九日以降は「御仏前/御沸前」と変わりますが、浄土真宗では霊という考えがないので、通夜や葬儀の時から「御仏前/御沸前」とするからです。

とはいえ、喪家の宗派がわからないケースも多く、ややこしいので、喪家の宗派が浄土真宗でも「御霊前」としても普通は失礼には当たりません。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください