HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問仏教の礼拝の仕方について

仏教の礼拝の仕方について

仏教の合唱方法ー礼拝ー

仏教の合唱方法意味を知らずに合掌するのと、意味を知ってから合掌するのでは違ってきます。

お葬式後、毎日行う礼拝にもかかわってくると思うので、知っておきましょう。

礼拝の方法

先にお話しした合掌は、礼拝でも使用します。

①仏壇の前で正座をし、一礼します。

(数珠を持っている場合は、左手にかけます)

②命日の先祖がいる場合は、それぞれの宗派に合わせた法要を行います。

(法要が終わっている場合は、慣わしに沿いましょう。)

③ロウソクを付け、その火を使い、線香を灯します。

(線香の本数は宗派で異なります。)

④鈴を鳴らし、合掌します。

(鈴を鳴らす回数は宗派で異なります。)

⑤お経を唱えて、鈴を鳴らし、深く礼拝しましょう。

※読経をしない場合は、鈴は鳴らさないので注意しましょう。

⑥ロウソクの火を消し、軽く一礼し、礼拝終了です。

(ロウソクを吹き消さないように気を付けましょう。)

合唱の由来とは

合唱の由来とは仏教の合掌の基本となる両手の平を合わせる合掌は、インドから伝わったものです。

インドではこの動作を、礼法という名前で呼んでいました。

そして、この礼法が仏教に取り入れられました。

両手にはそれぞれ意味があります。

右手には仏、左手には衆生(人や生き物)という意味が込められています。

そして、それぞれの意味を持つ手が合わさることで、仏と衆生が一体となったことを表しています。

【関連記事】

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください