HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問トラブルを避ける生前契約の結び方について

トラブルを避ける生前契約の結び方について

トラブルに合わない生前契約の結び方

生前契約を結ぶにあたって、必要のないトラブルに合わないためにはどのようにしたらよいのでしょうか。

①更新、契約の条件をきちんと確認する

更新、契約の条件をきちんと確認する生前契約をしたときから時がたつにつれて、自分の希望するお葬式が違うものになっている可能性があります。

例えば始め、盛大なお葬式を希望していても、後から静かでささやかなお葬式を望む気持ちが出てくることもあるでしょう。

このように、生前契約の希望内容が変わったり、費用、物価などが変化することで、契約時と今では値段がかけ離れていることもあります。

なので、生前契約をする時には、必ず、年ごとの更新や見直しが出来るのか、契約に対しての拘束がどのようなものかを確認しておきましょう。

②お葬式の執行者を決定する

お葬式の執行者を決定する通常のお葬式は、本人が亡くなった後で行われます。

契約する時には、喪主を決定し、その方から同意を得る必要があります。

自分の希望したお葬式により近づけてくれる方や、理解のある方を選びます。

また、喪主やお葬式を行う承諾者として、任せる人を生前に決めた場合は、公正証書遺言に記載し、遺族へ伝えることが出来ます。

④生前予約の必要性を考える

お葬式を取り扱っている業者は、葬儀のみを専門としている業者と、冠婚葬祭の両方を扱っている互助会があります。

互助会は、簡単に言うと月々、定額で積み立てていく貯蓄型です。

互助会自体を生前契約と考える方もいます。

生前予約の必要性を考えるですが、今多く行われているお葬式は、火葬のみのシンプルなものが多いです。

早いうちから互助会と契約し、お葬式の費用を用意している家庭は、家族の数人しか参列しないのに、積立金を全て使わなければならないので、逆にマイナスになったといいます。

互助会を利用するか、生前契約をするかは、自分ひとりで決めずに、きちんと家族と話し合って決める必要があります。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください