HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問あいさつ回りの仕方

あいさつ回りの仕方

寺院などへの挨拶寺院などへの挨拶は、お葬式の翌日もしくは翌々日までには済ませるようにしましょう。

挨拶の際は、喪主が直接足を運びます。

この場合、お葬式が終わったあと、僧侶に

「明日(明後日)、ご挨拶に伺います。」

と声をかけておきましょう。

どうしても寺院に向かうことが出来ない場合は、遺族や親族が代理で挨拶に言ってもよいでしょう。

お布施は、経済状況と照らし合わせて、無理のない金額にしましょう。

寺院での規定料金が決まっている場合は、それに適した額を入れます。

規定が決められておらず、どのくらいの額を入れれば良いか分からない場合は、直接僧侶に問い合わせてみるのも良いでしょう。

御布施の書き方

御布施の書き方御布施は奉書紙もしくは白無地の封筒に入れて、渡します。

表書きは、御布施または謝礼と書きます。

マジックペンを使用するのは失礼にあたるので、筆もしくは筆ペンで書くようにしましょう。

紙幣は新しいものに、取り換えます。

またこの時、菓子折りを一緒に添えるとより丁寧です。

お布施を渡しに行くときは、前日程を連絡をしておきましょう。

寺院へはちゃんと、連絡をしておきましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください