HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問手元供養で使う骨壺の選び方ー機能性と耐久性

手元供養で使う骨壺の選び方ー機能性と耐久性

手元供養で使う骨壺を選ぶポイント

手元供養のときの骨壺を選ぶポイントについて、お話しします。
手元供養で使う骨壺を選ぶポイント
手元供養では、家に骨壺を保管しますが、このとき一番の問題は‘湿気’です。

日本は、とても雨の多い国です。

1年を通して雨の降った日(小雨含む)は、100日以上だといわれていて、平均して3日に1回は雨が降る計算です。

日本の湿度は60%から70%が平均で、ダニやカビが発生するなどのトラブルの原因になっています。

湿度が高いと遺骨への影響も大きいのです。

遺骨は湿気に弱く、湿気は遺骨を痛めます。

この湿気を骨壺内へ侵入させないためにも、きちんと蓋が閉まる密封された骨壺を選びましょう。

湿気に強い材質の骨壺を選ぼう

湿気に強い材質の骨壺を選ぼう
骨壺は、機能面では密封が一番大切です。

ですが、湿気の多い場所で保管すると、カビやサビが生え、劣化してしまう可能性があります。

何度もいうように、日本はとても湿気の多い国です。

なので、骨壺は長い年月が経っても出来る限り、変わらない状態で保管することのできる耐久性が必要になります。

そのためには、丈夫でお手入れのしやすい材質のものが良いでしょう。

手入れのしやすさと値段の見方

先に、手入れのしやすさを取り上げましたが、手元供養で使用する骨壺は、手入れが必要になります。

良心的な販売店で買うことが出来れば、手入れの方法から万が一の対処法を1から教えてくれるでしょう。

また、困ったときも相談に乗ってくれるお店が多いです。

ですが、耐久性や密封などの機能性にこだわりすぎて、無理をしてまで高いものを買う必要はありません。
手入れのしやすさと値段の見方
値段だけでみると、高いもののほうが良い骨壺のような気がしますが、安い値段でも品質が満たされていて、納得できるものもあります。

故人と遺族が良いとするものを買いましょう。

骨壺の種類はとても多く、どれも素晴らしいものばかりです。

まずは、葬儀社に相談したり、お店へ足を運んだりしながら、より良い骨壺を探しましょう。

骨壺が決まっていれば、お葬式もより良いものとなります。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください