HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問遺族基礎年金の申請と手続の方法について

遺族基礎年金の申請と手続の方法について

遺族基礎年金について

遺族基礎年金について故人が国民年金のみの加入の‘国民年金第一号被保険者’の場合、遺族には、‘遺族基礎年金’、‘死亡一時金’のどちらかが支給されるのが基本です。

ですが、それぞれ条件が設けられています。

遺族基礎年金の支給があるのは、故人がこのような場合のみです。

・故人が国民年金の加入者であり、加入期間の3分の2以上の免除された期間を含む保険料を支払っていること。

平成38年3月末までは、65歳未満に死亡した場合、月の前々月までの1年間の保険料に滞納がない場合のみ受けることが可能です。

・故人が老齢基礎年金をもらうための資格期間となる25年を満たしている。

受給可能な遺族にも条件があります。

・故人によって、生計を維持されていた子のある妻、夫などの配偶者がいない場合は、子で子が満18歳未満になる年度の3月末日を過ぎていないこと。

また、この時の‘子’は、一定障害のある場合、20歳未満にまで引き上げられます。

気を付けなければならないのは、子が対象年齢を超えてしまうと支給が打ち切りになる、ということです。

遺族基礎年金の申請、手続の方法

手続きをするときは、市区町村役場の国民年金担当窓口、もしくは、年金事務所などで申請が出来ます。

申請の期限は、死亡日から5年以内と決められています。

【必要書類】

遺族基礎年金の申請、手続の方法・国民年金遺族基礎年金裁定請求書

・故人の年金手帳

・基礎年金番号通知書

・請求者もしくは加算額の対象者(子)と故人の身分関係を証明できる戸籍謄本

・死亡診断書の写し

・請求者が故人に生計を維持してもらっていたことを証明する書類(源泉特集票、非課税証明書等)

・加算額の対象の子が生計を共にしていたことを証明する書類(住民票の写し等)、印鑑

年金の額は、配偶者と子1人の場合と子1人のみの場合は、‘基本年金額78万100円と子の加算額22万4500円’となります。

現時点の子の加算額は、子の数に対して、2人まで22万6300円(3人以降は7万4800円)となります。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください