HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問自分や家族の手で作る遺影写真の作り方

自分や家族の手で作る遺影写真の作り方

自分や家族に協力してもらって仕上げる遺影写真

自分や家族に協力してもらって仕上げる遺影写真
写真館で、プロに自分の気に入る写真を遺影写真用に撮ってもらいたいと望んでも、何らかの事情で行けないこともあると思います。

その場合、自分や家族に写真を撮ってもらうのはとても良い案です。

素材として一定の条件をクリアすることによって、プロのような遺影写真を撮影することが出来ます。

生前に遺影写真を撮影するときは、リラックスした状態にするのがベストです。

これと同様に、リラックスした状態で撮影された写真を探してみると案外、良いものがあるかもしれません。

最近は、趣味を楽しんでいる姿を写真に収め、遺影写真として使用する方が増えています。

このような写真がなければ、肖像画を使うことも出来ます。

また、加工で修正できるのは、画面の明るさ、経年変化の変色を修正することが可能で、同様に背景を変えることも簡単にできます。

色をカスタマイズすることも出来ます。

風景写真を合成し、自分好みの遺影写真に仕上げられます。

基本的に遺影写真として選ばれるのは、落ち着いたイメージの薄い青系の背景です。

この色は肌色が生える色で、明るい印象の強くなるからです。

お気に入りの一枚を一生の宝ものへ

お気に入りの一枚を一生の宝ものへ
遺族の方が遺影写真を選ぶときに多い疑問なのですが、故人が帽子を着用している写真を使ってもよいのか、ということです。

結論から言うと、遺族の方が写真を選ぶ場合、遺族が気に入っていればどの写真でも問題ありません。

この場合、目元へ影がないもののほうが、素敵な遺影写真になります。

また、遺影写真といえば、正面を向いているイメージが強いと思います。

ですが、遺影写真は正面を向いていなくてもよいのです。少し斜めなくらいは問題ありません。

「大きさ、サイズ、明るさ少し微妙だけどいい表情だからこれにしたい!」と思う写真があれば、写真屋か葬儀社へ相談し、遺族や故人の納得のいく1枚を遺影写真として使用しましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください