HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問船員保険加入者、高度医療費の払い戻しの手続き

船員保険加入者、高度医療費の払い戻しの手続き

■船員保険加入者の葬祭料と家族葬祭請求

船員保険加入者の葬祭料と家族葬祭請求船員保険組合に加入していたとき、職務外で死亡した場合、扶養者の身内が亡くなった場合は、葬祭料(家族葬祭料)という扱いで、5万円が支払われます。

この支給を受けるためには、葬儀後2年以内に申請が必要です。

手続きをする時には、健康保険組合、社会保険事務所へと問い合わせをします。

また、船員保険葬祭料(家族葬祭料)請求書と、船員保険証、死亡診断書(写し)、印鑑、振込先の口座番号を手続き前に用意しましょう。

船員保険に入っている方が亡くなった場合、葬祭料とは別に、お給料の約2ヵ月分から葬祭料を省いた額がもらえます。

この申請も忘れないようにしましょう。

保険加入者の家族が亡くなった時には、家族葬祭料とは別で、お給料の月1.4ヵ月分から5万円を除外した額が、付加給付として受け取れます。

申請を忘れて期限が過ぎてしまわないようにしましょうね。

■高額医療費の申請

高額医療費の申請高額医療制度という制度から、およそ1ヵ月分の医療費(自己負担分)が高額になったとき、70歳未満であれば、決められた窓口にて負担額を減らすことが出来ます。

その窓口へ、健康保険限度額適用認定申請書を提出し、認定証を貰う必要があり、事前に申請が必要になります。

原則として、事前申請が基本ですが、亡くなった後も申請することが出来るので、認定されれば、自己負担の限度額を超えた分を払戻すことが出来ます。

この払い戻しは、対象となる医療費の支払い後2年以内に行う必要があります。

手続きをする場所は、健康保険組合、社会保険事務所、市区町村の国民健康保険の窓口にて行います。

用意するものは、高度医療費支給申請書、高度医療費払い戻しのお知らせ案内書、健康保険証、医療費の領収書、印鑑、受取人の振込先の口座番号、もしくは、通帳が必要です。

こちらも忘れずに確認、手続きをしましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください