HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問お葬式でかけていける眼鏡とは

お葬式でかけていける眼鏡とは

お葬式でかけていける眼鏡

お葬式での眼鏡の選び方についてお話しします。

冠婚葬祭の大切な儀式の1つとなるお葬式なので、参列するためには、決められている最低限のルールは守ったほうが良いでしょう。

お葬式でかけていける眼鏡参列するためのルールの中に身だしなみがあります。

眼鏡をかけている方は、どのような眼鏡を選べばよいのでしょう。

眼鏡はフレーム、デザインも重要ですが、金属フレーム、プラスティックフレームなどの素材がありますよね。

参列に適している眼鏡の特徴を、ご紹介します。

①眼鏡が主張しすぎていない

眼鏡の自己主張しすぎていない、というのが1番の判断基準です。
似合っているかどうかも、重要ですが。

②フレームは金属のものを選ぶ

フレームは金属のものを選ぶ眼鏡のフレームは、金属がお葬式では良いとされています。

プラスティック素材のものは、フレームが太く見えるので、金属フレームよりも、カジュアルな印象を与えるためです。

③デザインや色は地味なものを選ぶ

色は、グレー、ブラウン、シルバーなどの控え目の色にしましょう。

デザインは、丸眼鏡や真四角などは、与える印象が強いので、楕円形もしくは、角が丸い四角形のものを選んだほうがよいです。

お葬式の眼鏡マナー

お葬式の眼鏡マナー眼鏡のレンズに色がついているものや、サングラスはNGなので気を付けましょう。

ですが、視覚障害がある場合はレンズに色がついています。

それらは、当てはまらないので、安心してかけて良いでしょう。

サングラスなどの色付き眼鏡はNGとされていますが、芸能人など、サングラス自体がトレードマークになっている方は許されています。

どれほどマナーを守った眼鏡をかけていても、汚れがあると、残念な印象を与えてしまいます。

身だしなみは大切なので、眼鏡が曇っていないか、曲がっていないかなどを確認しましょう。

眼鏡まで気を付けることが出来れば、相手に好印象を与えることが出来ます。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください