HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問遺言の持つ意味と認知や相続権のない人に財産を譲ることとは

遺言の持つ意味と認知や相続権のない人に財産を譲ることとは

遺言の持つ意味

遺言は、自分の意志を伝えるための手段の1つです。

遺言の持つ意味遺産相続の方法は、遺言での相続、相続人全員による分割協議の相続、民法で決めれた相続人の範囲や相続分に従い、相続する法定相続などに分けることが出来ます。

民法で決定された相続人の順位や相続分の決まりについては、目安なので、とらわれすぎないようにしましょう。

また、それぞれの相続人の家庭の事情や人間関係などの関係で、法律で決めれた相続分(法定相続)の分割が適しているとは言えないのです。

最近は、遺産相続のトラブルが増えているため、遺産の額が1000万円以下でもトラブルになることが多くなりました。

遺言とは、自分の財産をどういったスタイルで相続させたいのか、最終的な意思を伝える手段です。

また、遺言は法律上では遺言という言い方をします。

遺産相続遺産相続は、遺言による相続は法定相続を優先するという大原則が決められています。

なので、遺言が残っていて、その遺言が法的に有効であれば、相続は遺言通りに実行されます。

遺言で被相続人(遺言者)の意見がはっきりとわかっていれば、相続を争うなどのトラブルを避けることに繋がったり、相続をスムーズに行うことが出来ます。

認知や相続権のない人に財産を譲る

遺言を作っておけば、お世話になった内縁の妻や、亡き息子の嫁など本楽は相続権を持たない人へも財産を譲ることが可能です。

遺言では、子供の認知などの血縁者の身分でも本人の最終意見を、はっきりとさせることが可能です。

【葬儀後の他手続きなどこちらも合わせて読みましょう!】

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください