HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問贈与税と課税の対象について

贈与税と課税の対象について

贈与税と課税の対象について

贈与税と課税の対象について財産を無償で与えることを、贈与と呼びます。

贈与を受けた人は、贈与税を支払わなければなりません。

贈与には、生前の相続という意味合いがあります。

相続税を回避する目的で、贈与を防ぐために、相続税よりも贈与税のほうが税率が高く設定されているので、気を付けましょう。

また、年間110万円までの贈与については、基礎控除として、贈与税は発生しません。

課税対象都なる贈与については、現金や預貯金、不動産、有価証券などのお金で見積もることが可能なものは贈与財産として扱われます。

贈与財産として扱われるということは、課税対象です。

明らかに、贈与を受けたという証拠がなくとも、実質的に贈与の形跡があれば、贈与税を収めなければなりません。

仮に、他人が保険金を払っていた保険の保険金を受け取ったり、借金を肩代わりしてもらった場合も同様の扱いが成されます。

保険料を負担していた人が亡くなったことを理由に保険金を受け取った場合は、贈与税にはならず、相続税として扱われるので覚えておきましょう。

贈与税の課税対象にならない財産

以下のものには、贈与税が課税されません。

■法人から贈与された財産

一時所得という扱いになり、所得税扱いになります。

■1.供養義務者からの生活費、教育費としての財産
■2.相続があった年に被相続人から受け取った贈与

相続税とはならず、財産の価格は相続税扱いになる。

■社交上必要な財産

香典や年末年始の贈答などが社交上必要な財産です。

■配偶者控除

配偶者控除20年以上連れ添った配偶者は、住居用不動産などについて、2000万円まで、配偶者控除を受けることが出来ます。

これ以外にも、相続時精算課税という制度があります。

この制度は、60歳以上の親、もしくは祖父母が20歳以上の子、または、孫へ贈与した場合、2500万円以内であれば贈与税を白羽宇必要はないというものです。

また、相続するときに相続財産に贈与分を足して、税金を納めるというものです。

更に、贈与財産の種類や回数には制限が存在しません。

2500万円を超えた時の税率は、一律20%なので覚えておきましょう。

ですが、相続時精算課税を一度利用すると、その親もしくは祖父母からの贈与のみ、相続時まで継続して適応されてしまいます。

途中で変更することが出来ないのです。

年間110万円までの贈与税の基礎控除を使うこともできなくなるので、よく考えて選択しましょう。

【関連記事】

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください