結婚式当日にお葬式があった時にどちらを優先すべきか

蒼葉葬儀社

menu
HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問結婚式当日にお葬式があった時にどちらを優先すべきか

結婚式当日にお葬式があった時にどちらを優先すべきか

結婚式とお葬式どちらを優先すべきなのか

結婚式とお葬式どちらを優先すべきなのか
結婚式当日に、お葬式がある場合どちらを優先すべきなのでしょうか。

結論から言うと、「常識的にはお葬式を優先する」です。

考え方としては、お葬式はその人の人生最後のお別れですが、結婚式はこの先も人生がある、という所に基づいているようです。

このような時にはまず、結婚式へ招いてくれた方へ電話をし、人伝いでなく、本人に直接お詫びの気持ちと、結婚を祝福する気持ちを伝えます。

始めに電話をしますが、連絡がつかない場合はメールで連絡をし、日を開けずに再度電話をするという手段をとります。

結婚式に参加出来ない旨を電話で伝えるときには、相手との関係によって言葉を選ばなければなりません。

仲の良い友人であれば、「身内の不幸事で」と軽く話せばよいですが、遠い間柄の方でしたら、「身内でよんどころない事情ができ、参加することが出来ない」と伝えましょう。

突然の欠席の際も言葉を慎重に選びながら伝えることが大切

出席予定だった場合のご祝儀お祝いごとなので、お葬式などの不幸な話を避けるなど、縁起を気にしている人もいるので言葉を慎重に選びましょう。

後日お祝いを贈る時には、喪中は避け、四十九日を過ぎた後で、事情の説明を添えてお祝いを贈ります。

その時、出席予定だった場合のご祝儀は結婚式当日と同じ額か、関係性に応じた額をおくります。

当日に葬儀があることがわかり、参加が不可能となると新郎新婦と連絡がつかないことが多いので、その時には会場へ連絡をし、担当者や確実に言伝できる相手へ伝言をお願いします。

会場への連絡は「本日○○さまの結婚式へ参加する予定でしたが、急用にて出席が不可能になりました」と伝えるとスムーズに事が進みます。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須ご質問内容


ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください

蒼葉葬儀社のご葬儀に対するの想い
首都圏の公営斎場をご案内します
ご葬儀の相談・受付は24時間365日年中無休で承ります
蒼葉葬儀社のご葬儀の費用について
ご葬儀の一連の流れをご案内します
ご葬儀に関してよくある質問をまとめました

ご葬儀プラン一覧
直葬・火葬式シンプルプラン
一日葬ワンデイプラン
小規模家族葬ファミリースタンダードプラン
家族葬ファミリープラン
一般葬儀スタンダードプラン
大型葬儀・社葬デラックスプラン
費用項目の内訳の見方の注意点

過去事例/お客様の声一覧
葬儀後の相続・その他手続きについてもお任せください
遺品整理・現状回復もお任せください
ペットの葬儀・火葬もお任せください

家族葬の良くあるご質問と記事
蒼葉葬儀社の埼玉家族葬