東京で亡くなった故人の葬儀を田舎でしたいと思います。でも、搬送費用や遺体の状況なども気になります。どのようにすればいいですか?

蒼葉葬儀社

menu
HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問東京で亡くなった故人の葬儀を田舎でしたいと思います。でも、搬送費用や遺体の状況なども気になります。どのようにすればいいですか?

東京で亡くなった故人の葬儀を田舎でしたいと思います。でも、搬送費用や遺体の状況なども気になります。どのようにすればいいですか?

東京やその近郊の首都圏には地方から上京してこられた方が数多くいらっしゃいます
故人の葬儀を田舎で故人様の訃報を聞きつけて、ご家族が田舎から駆けつけてこられるのですが、遺体の引き渡しのあとにどうするべきなのか、お困りの方はたくさんいらっしゃいます。

ご家族が地方に住まわれている、お世話になっている寺院も地方にいるとなると、必然的に故人様のお葬式も地方で執り行うことになります。

方法は次の二つの内のいずれかでしょう。

1)ご遺体を搬送して、地方でご葬儀をする

遺骨にしてしまう前に、故人様のお顔を参列の方々に見てお別れしていただきたいなどの想いがある方は、故人様を寝台車でご搬送します。
遺体の状況を気にされる方もいらっしゃるでしょうが、ドライアイスなどの手当をきちんとしておけば、さほど心配されなくてもよいでしょう。

2)死亡地でまず火葬にしてから、遺骨を地方に持ち帰る

遺骨まずご遺体を火葬にしてから、遺骨を地方に持ちかえって、後日「骨葬」にする方法です。
北関東や東北地方など、そもそも骨葬が一般化している地域もありますし、死亡から日が経過していてご遺体の状況が悪いために、先に火葬をしておくべきケースもあります。

費用の違いはどうでしょうか?

ご遺体を搬送してから葬儀をする場合には、ご遺体の搬送費+葬儀代金、が必要です。
搬送費は出発地から目的地の距離によって大きく左右されますが、数十万円の費用が掛かることもあるようです。

一方、先に火葬をする場合には、遺体の搬送費こそ掛かりません。
ところが火葬料が高額になる場合があります。
市営斎場や公営斎場では、火葬も行政サービスの一環ですから、無料のところもあれば、せいぜい5,000~10,000円程度で済みます。
ところが東京23区内などでは火葬料金が59,000円もします。

トータルでどちらのほうが高くつくかはケースバイケースというのが実情です。

また、ご寺院様には必ず相談しましょう。
先に火葬して遺骨にすることをよしとしないご寺院様もいます。
ご家族のご希望をお伝えした上でご指示を仰ぎましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須ご質問内容


ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください

蒼葉葬儀社のご葬儀に対するの想い
首都圏の公営斎場をご案内します
ご葬儀の相談・受付は24時間365日年中無休で承ります
蒼葉葬儀社のご葬儀の費用について
ご葬儀の一連の流れをご案内します
ご葬儀に関してよくある質問をまとめました

ご葬儀プラン一覧
直葬・火葬式シンプルプラン
一日葬ワンデイプラン
小規模家族葬ファミリースタンダードプラン
家族葬ファミリープラン
一般葬儀スタンダードプラン
大型葬儀・社葬デラックスプラン
費用項目の内訳の見方の注意点

過去事例/お客様の声一覧
葬儀後の相続・その他手続きについてもお任せください
遺品整理・現状回復もお任せください
ペットの葬儀・火葬もお任せください

家族葬の良くあるご質問と記事
蒼葉葬儀社の埼玉家族葬