HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問御花の分類や意味、生花とは何なのか

御花の分類や意味、生花とは何なのか

御花の分類や加工された生花の誕生に関する知識

御花の分類や加工された生花の誕生に関する知識
法要のお葬式の御花の分類は、供花、弔花、献花、枕花、仏花の5つに分けることが出来ます。

ただ、これらは英語では‘sympathy flower(シンパシーフラワー)’という名前で統一されます。

これには、花は共感するためのものという意味が込められ、故人と遺族、また、故人と参列者、遺族と参列者からの故人への気持ちを共に感じるためのものだと考えられます。

お葬式や冠婚葬祭の簡素化、物理化することが多くなってきた日本にも、故人(死者)へ、花を手向ける習わしは、昔から根強く、むしろ強くなっています。

日本では、生花を使用した祭壇を作る技術が進み続け、切り花を枯れづらくするための工夫も日々、進歩しています。

また、ブリザードフラワーと呼ばれる、樹脂を使用し加工した枯れない生花も誕生し、利用者は日々増え続けています。

御花は故人を想う強い気持ちの表れ

御花は故人を想う強い気持ちの表れ
日本で人気が高まっている家族葬や自然葬などの小さなお葬式が増える裏で、御花を手向けて気持ちを表すという行い方や、故人を想う強い気持ちなど、様々な理由とマッチングしています。

故人が、綺麗な花で囲まれながら、旅立ちを迎えられるように、気を配る日本独特の感性は、故人へ花を手向ける習わしを忘れることなく、根強く、これからも末永く受け継がれていくと思います。

お葬式への供花を持っていくときには、宗教や、経済的理由にて、喪家がお断りすることもあるので、持参する前に確認しなければならないため、この場合には注意が必要です。

地方では、会場の周りを花輪で彩ったり、弔花の種類を決めている場所もあります。

お葬式を開くときには、葬儀社に予算を相談し、用意してもらうと確実に故人をきれいなお花と共に送り出すことが出来るのです。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください