HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問仏式の葬儀、通夜、告別式、の流れ

仏式の葬儀、通夜、告別式、の流れ

仏式の通夜流れについて

仏式の通夜流れについて

仏式の通夜と葬儀、告別式から出棺までの流れをお話しします。

以前までは、夜から朝まで行うのが通夜として一般的なスタイルでしたが、現在の通夜の開式は夜17時~18時の間で行われ、時間も短く、1時間から2時間程度で終了する半通夜と呼ばれるものが主流となっています。

通夜の流れは、初めに受付をし、祭壇のある部屋に移動するのですが、そこに先に来た方がいらっしゃるのであれば、その方たちに一礼して入ります。遺族の方が参列者からの挨拶を希望しているケースは、来た順番で、遺族へお悔やみを述べましょう。

席が決まっているのであれば、指定された通りに着席すればいいのですが、決まっていないときは臨機応変に、詰めながら先に来た方から座りましょう。

仏式での通夜の流れは、「読経」、「親族の焼香」、「遺族の焼香」、「参列者の焼香」
の順番で進み、通夜が終わると、通夜ぶるまいが始まります。

流れの異なる仏式の葬儀と告別式

流れの異なる仏式の葬儀と告別式
仏式の葬式には、参列した方が故人の[成仏]を願う気持ちが込められ、告別式は、故人と縁のあった方が、最期のお別れをするという意味が含まれている儀式です。

最近では区切らずに、葬儀から告別式までノンストップで行われることが多いので、一般の参列者も葬儀から参加するスタイルが主流となっています。

また、葬儀の流れは、「読経」、「弔辞、弔電の紹介」、「親族、遺族の焼香」の順で行われますが、告別式では、「読経」、「一般の参列者の焼香」の流れです。
そして、告別式が終わり、喪主の挨拶が終了したら、出棺という流れになります。

出棺は、よほどの緊急事態がない限り、見送るのがルールです。
出棺する際には、コートなどを着ている場合は脱ぎ、合掌し、出来るだけ静かに、お見送りするのがマナーです。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください