HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問神式の斎場祭と玉串奉奠の順番のマナー

神式の斎場祭と玉串奉奠の順番のマナー

神式で行われる葬儀の斎場祭

神式で行われる葬儀の斎場祭
神式葬儀では、仏式葬儀の意味を持つ‘斎場祭’があります。
斎場祭とは、死者を神として祀るために、死の穢れを清める儀です。

手水の儀をしたあと、‘修祓(しゅばつ)の儀’という名称のお祓いをし、祭詞奏上(さいしそうじょう)と玉串奉奠(たまぐしほうてん)があります。

斎場祭が終わると、出棺祭、火葬祭、帰家祭がおこなわれ、その後、仏式葬儀の精進落としと同じ意味をもつ直会が設けられます。

仏式葬儀と大きく異なるのは、神式葬儀では、数珠を使わないということです。

お悔やみの言葉も、供養、冥福、成仏などの仏教では問題ない言葉でも神式では使わないのがルールです。

玉串奉奠の順序と、しのび手、二礼一礼二拍手一礼について

玉串奉奠の順序
玉串奉奠の順序は、

  • 1.喪主に一礼後、玉串をもらう。
    (玉串の受け取り方は、右手で根元を上からつまみ、左手で枝先を下からそえるようにしましょう。)
  • 2.受け取った状態のまま玉串を目の高さまで上げ、おしいただく。
  • 3.根元が手前に来るように、時計回りで90度方向を変更。
  • 4.左手を枝先に移し、持ち手を変更。
  • 5.180度水平の状態にし、根元を祭壇の方へ向け、玉串を台(玉串案)へ。
  • 6.数歩下がり、しのび手、二例、二拍手、一礼。
  • 7.遺族に一礼後、席へ戻る。

神式の玉串奉奠は、仏式の焼香よりも丁寧に行うことがポイントです。

また、しのび手とは、音を出さない拍手のことで、弔事の際の拍手は必ず、しのび手にしましょう。
2回礼をし、2回手を合わせる二礼二拍手一礼は、神式葬儀で多く用いられる作法なので、覚えておきましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください