HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問地域で違う葬儀の風習ー東京都、福井県、京都、奈良県、鳥取、佐賀、沖縄

地域で違う葬儀の風習ー東京都、福井県、京都、奈良県、鳥取、佐賀、沖縄

それぞれの地域の風習ー東京都、福井県、京都、奈良県、鳥取、佐賀、沖縄

■東京都

地域の風習東京東京では、通夜振舞いが必ずと言っていいほど、行われます。

また、現代、通夜振舞いは他の地域でも行われています。

通夜振舞いとは、焼香後参列者へ料理をふるまうことです。

東京や、その他の地域によって異なりますが、関西では、お通夜で食事を食べるのは、遺族だけだそうです。

■福井県

地域の風習福井驚くべきことに、福井県では、お赤飯を食べます。

お赤飯といえば、祝い事を想像しますよね。

お赤飯を食べることには、意味があります。

有力な説を、2つお話しします。

①「天寿全うした故人へのお祝い」
②「死の災いを福へ帰るための縁起直し」

■京都

お葬式は、友引で行うと「故人が友をあの世へ連れていく」という迷信や、想像があるため、友引で行うことを嫌がる人が多くいます。

なので、京都では友引に葬儀をする、しない関係なく、‘友人形’という名前の人形をお棺へ入れ、身代わりとします。

大阪にも、似たような風習があり、人形を入れます。

大阪の人形は、‘いちま人形’というものです。

■奈良県

地域による風習奈良奈良では、位牌を2つ用意します。

内位牌、野位牌と呼ばれる2種類です。

内位牌:お葬式で使われる位牌

野位牌:昔、土葬だった時代にお墓に置いていた位牌

位牌を2つ作っても、故人2人分ではなく、位牌は故人へと繋がる、窓口的存在ものだと考えられているのです。

■鳥取と佐賀ー枕団子ー

通常、六道に合わせて、枕団子は6つ作られます。

ですが、鳥取で作られる枕団子は、4つです。

どうして4つなのかというと、鳥取では、

‘4=死’

と考えられています。

また、佐賀ですが、佐賀では49つの枕団子を作ります。

佐賀では、「故人が四十九日まで食べしのげるように」という意味が込められているという説があります。

■沖縄

地域による風習沖縄沖縄では、お供えとして、豚の三枚肉を枕飾りにお供えします。

全国のお葬式でのしきたりを見ても、豚肉を供えるところは、沖縄だけでしょう。

仏教の教えなどが影響しておらず、沖縄自体のしきたりでしょう。

沖縄にこのようなしきたりが生き残っているのには、訳があります。

それは、江戸時代に江戸幕府に属していなかった沖縄は、仏教が広まり、寺請け制度が設けられたときに影響を受けなかったからです

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください