地域で違う葬儀の風習ー宮城、愛知、鹿児島、兵庫、愛媛、熊本

蒼葉葬儀社

menu
HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問地域で違う葬儀の風習ー宮城、愛知、鹿児島、兵庫、愛媛、熊本

地域で違う葬儀の風習ー宮城、愛知、鹿児島、兵庫、愛媛、熊本

棺を担ぐとき王冠を付ける!?ー似ている風習

額に王冠日本といっても、全国、それぞれの昔ながらの風習があります。

異なった風習もあれば、似たようなものが根強く残っている地域もあるのです。

宮城県、愛知県、鹿児島県では、棺を担ぐときに、額に王冠をつけます。

王冠とは、幽霊をイメージしたとき、真っ先に浮かぶであろう額の三角形の布のことです。

この3県では、同様に王冠を付ける習慣がありますが、白い布をつけたり、王冠そのものだったりと少しずつ違いがあります。

ですが、王冠を付ける意味合いは、一緒です。

「旅立つ直前まで、傍にいます」という意味が込められています。

出棺のときの風習

出棺のときの風習出棺の時にも、似たような風習があります。

兵庫県、愛媛県、熊本県では、お棺を回して、茶碗を割ります。

お棺だけ回したり、お茶碗だけ割るだけの場合もあります。

意味は、

・お棺を回す:頭の向きが変わることで、故人が戻れないようにする

・お茶碗を割る:食事が出来ないことを教えると同時に、故人の居場所はもうここにはないということを教えるため

意味合い的には、少し手厳しいような気もしますが、潔い気持ちで故人をきっぱりと送り出してあげたいという心の現れのような気もします。

全国各地に様々な風習や、しきたりがありますが、根本的な気持ちは全て同じです。

「精一杯送り出す」という気持ちを忘れなければ、良いのです。

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須ご質問内容


ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください

蒼葉葬儀社のご葬儀に対するの想い
首都圏の公営斎場をご案内します
ご葬儀の相談・受付は24時間365日年中無休で承ります
蒼葉葬儀社のご葬儀の費用について
ご葬儀の一連の流れをご案内します
ご葬儀に関してよくある質問をまとめました

ご葬儀プラン一覧
直葬・火葬式シンプルプラン
一日葬ワンデイプラン
小規模家族葬ファミリースタンダードプラン
家族葬ファミリープラン
一般葬儀スタンダードプラン
大型葬儀・社葬デラックスプラン
費用項目の内訳の見方の注意点

過去事例/お客様の声一覧
葬儀後の相続・その他手続きについてもお任せください
遺品整理・現状回復もお任せください
ペットの葬儀・火葬もお任せください

家族葬の良くあるご質問と記事
蒼葉葬儀社の埼玉家族葬