HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問火葬場の特別室(特別炉)について

火葬場の特別室(特別炉)について

特別室とは

特別室とは皆さんは、火葬場に設けられている特別室を利用したことがありますか?

特別室は、特別炉とも呼ばれています。

基本的に、特別室は東京都内の火葬場に多く設けられています。

火葬炉前に、部屋を設けることで、大人数で故人を見送ったり、他の方の目を遮ることが出来ます。

多くの参列者が居る場合や、他の方の目が気になる時には、利用すると便利です。

また、特別室を設けている東京の火葬場は、品川区、新宿区、荒川区、多摩市にあります。

特別室をグレードアップした、特別賓館という部屋もあります。

この部屋は、特別室同様に、火葬炉前に設けられることもあります。

高級感が高く、豪華な施設を利用した場合や、社葬などで利用されることが多いようです。

また、斎場によっては、特別室などがある特別な炉のことを、大柄な人の火葬が出来る施設を指すこともあります。

特別室を利用すると火葬料金が高くなる

特別室を利用すると火葬料金が高くなる特別室や特別賓館では、火葬料金が一般料金よりも割高なので、気を付けましょう。

とある火葬場の例をご紹介します。

  • 最上等:59,000円
  • 特別室:107,500円
  • 特別賓館:17,7000円

最上等は、一般的な火葬炉のことを指します。

科香炉のランクの選択をすることは出来るのですが、ランクが高いからと言って、火葬自体に差が生まれることはありません。

特別室や特別賓館は、火葬炉の前にホールや収骨室が広い作りなので、とてもゆったりとした空間です。

また、豪華な設備が整っていることが特徴でもあります。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください