HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問友人葬の流れについて

友人葬の流れについて

友人葬の流れ

①開式の辞

司会が、葬儀の始まりの案内をします。

②読経、唱題

導師(儀典長)を中心とし、読経と唱題をします。

読経は、法連協の方便品と寿量品の自我偈(2度)を読誦します。

唱題は、南無妙法蓮華経を唱えることです。

③焼香

友人葬の焼香一般的な葬儀では、1回目の自我偈で一緒に焼香をします。

基本となる焼香の順番は、

  • ①導師
  • ②副導師
  • ③親族
  • ④参列者

です。

焼香のときは、係の方の案内に沿って行動しましょう。

④御祈念文、題目三唱

御祈念文、題目三唱焼香終了後、導師が題目終了の合図として、鈴を鳴らします。

導師が追善供養の祈念を行います。

祈念が終わったあとの鈴の合図に合わせて、参列者、皆で、題目を参照しましょう。

⑤弔慰文、弔電の紹介

弔慰文は、お葬式の流れの中で、導師が挨拶のとき、一緒に紹介することもあります。

⑥導師挨拶

⑦謝辞

喪主か親族代表の中から、謝辞が行われます。

⑧題目三唱

導師が鳴らす、鈴の合図に合わせて、参列者全員で題目を三回唱えます。

⑨閉式の辞

司会から、葬儀が終わったという案内があります。

終わったあとで、その後の注意事項などがあります。

⑩お別れ、出棺

お別れ、出棺葬儀と告別式が終わったあとは、導師と遺族、会葬者が唱題し、樒などを棺に納め、お別れの儀式を行います。

男性の近親者数名で、棺を霊柩車へ運びます。

霊柩車に棺が入ったあとは、喪主が挨拶をして、終了です。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください