HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問お別れ花について

お別れ花について

故人を彩るお花ーお別れ花ー

お別れ花お別れの花とは、お葬式が終了したあと、出棺するときに、参加者の手で一輪、一輪、棺へと花を収める儀式のことです。

故人との最後の思い出を作れる場でもあります。

お別れの花は、葬儀社の店員さんが、百合や菊などの花を持ち、各参列者に行き渡るように渡していきます。

参列している方は、一輪ずつ花をもち、故人の周りを彩ります。

お別れ花は、故人の好きなものを選んで、その花と一緒に生きているときに使っていたものを棺へ入れます。

燃えないものは入れないようにして、たくさん入れずに、選りすぐって入れましょう。

お別れ花が終わると、くぎ打ちをします。

火葬場についてしまうと、顔を拝むことは難しいです。

くぎ打ちの儀に移る前に、故人の顔を見て、最後のお別れをしましょう。

生花祭壇を使うとお別れ花は故人好みの花を詰めれられる

生花祭壇を使うとお別れ花は故人好みの花を詰めれられる最近では、生花祭壇が一般的で、故人が生前好きだった花を豊富に使ったお葬式が多く行われます。

生花祭壇を使ったお葬式でのお別れ花は、葬儀社のスタッフが祭壇や、供花として供えられたお花を使います。

生花祭壇を使ったお葬式でのお別れ花は、遺族にスタッフから「お別れ花として使用していいですか?」と確認が入ります。

ですので、お葬式が終わってから生花を持ち帰ろうと考えている場合にも、安心です。

故人の好んでいた花をお葬式で使ったのですから、棺に収めることが出来れば、故人も喜ぶことでしょう。

また、残りの花は持ち帰り、お仏壇にお供えすると良いです。

お葬儀社のスタッフが持ち帰る場合には、花を水切りするなどのサービスを行っていることが多いので、相談してみましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください