HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問訃報が来た時の対応とお悔やみの言葉の例と注意点

訃報が来た時の対応とお悔やみの言葉の例と注意点

訃報が来た時

訃報が来た時
訃報が届いた時の反応は、故人との関わりや繋がりによって違うでしょう。

親族や仲の良い友人であれば、すぐに弔問に向かったほうが良いです。

弔問へ行った時は、玄関先で一番に遺族へお悔やみの言葉を伝え、深いお辞儀をします。

故人との関係で変わるお悔やみの言葉の注意点と例

・故人とそこまで関わりが深くない。

この場合の弔問は、玄関先でお悔やみを伝えるだけにし、後日、通夜や告別式のどちらかに参列します。

もしも、故人が会社の関係者であれば、会社の方針に沿って行動しましょう。

・お悔やみを伝えるときの注意点

お悔やみの言葉は、完結に短くするのが一般的です。
それは、お悔やみの言葉とは‘故人の死を悼み、遺族への慰め’の意味があるからです。

スムーズに言葉が運べない場合は、「この度は、御愁傷様です」という一言でも良いので伝えるようにしましょう。

・多く使われているお悔やみの言葉の例

  • 「この度は、誠に御愁傷様でございます」
  • 「心より、お悔やみ申し上げます」
  • 「この度は、本当に残念でなりません」
  • 「ご家族の皆様、どうぞお力落としのございませんように」

という言葉を多く使うので、覚えておきましょう。

遺族のお手伝い

遺族のお手伝い
お悔やみの言葉を伝えたあと「手伝えることはありますか?」と一言遺族に聞きます。

手伝えることがないのであれば「通夜の時に、また来ます」と伝え、一旦帰宅しましょう。

この時、故人と親しい間柄であれば、他の知人や友人への連絡係を引き受けます。

どうしても通夜、葬儀に参列することが出来ないのであれば、代理人にお願いをするか、葬儀の前日までに弔電をし、後日弔問へと行きましょう。
病や遠方などが理由で、弔問が不可能な場合は、お悔やみの手紙と御香典を郵送すると良いです。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください