HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問遺族厚生年金や共済年金の受給資格と手続き方法について

遺族厚生年金や共済年金の受給資格と手続き方法について

厚生年金や共済年金などに加入していた場合

厚生年金や共済年金などに加入していた場合故人が厚生年金や、共済組合に入っているとき、国民年金第2号被保険者の場合、遺族に対して遺族厚生年金の支給があります。

厚生年金からの遺族厚生年金は、子が居るいないに関係なく、支給されるものです。

ですが、30歳未満の子供のいない妻は、5年間の有期給付です。

条件をクリアすれば、妻が亡くした夫も受給することが可能です。

①厚生年金の被保険者が死亡した場合、または、被保険者が期間中の怪我や病気になり、それが原因で5年以内に死亡した場合

*平成38年3月末までの特例もあります。免除期間を含む、保険料納付済期間の3分の2です

②1級もしくは2級の障害厚生年金を受けている人が亡くなった

③高齢厚生年金の受給をしている人、もしくは、受ける資格期間を満了した人が亡くなった

受ける遺族の範囲と優先順位は、配偶者、子、孫、55歳以上の父母の順番と決められています。

ですが、夫、父母、祖父母の場合は支給が60歳からになるので注意が必要です。

子、孫、満18歳未満(心身障害がある方は20歳未満)になる年度の3月末日を過ぎていないことが条件になります。

手続きの方法

申請は、年金事務所、もしくは、街角年金相談センターにて行います。

手続は、死亡してから5年以内に行いましょう。

【必要書類】

・遺族厚生年金裁定請求書

・年金手帳

・死亡の証明書類

・戸籍(除籍)謄本

・住民票

・所得証明書

支給金額は、故人が老齢厚生年金として支給される予定だった金額の4分の3です。

取得に時間がかかる場合もあるので、余裕をもって準備しましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください