HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問負担付死因贈与とペットについて

負担付死因贈与とペットについて

負担付死因贈与とは

負担付死因贈与とは負担付死因贈与とは、義務を負担することを条件とし、自分が死亡後、遺産のすべて、もしくは、一部を贈与することを前提にした契約のことです。

また、メリットは負担付遺贈と異なり、遺贈者が死亡する前に双方の契約でかわすものなので、死後に放棄や取り消しが勝手にされる可能性があります。

このようなトラブルを避けるために、死因贈与は口約束のみでも成立出来ますが、必ず義務を負担してもらうために、受遺者との間に契約書を設けたほうが良いでしょう。

負担付死因遺贈をするためには、デメリットもあります。

事前に相手方の合意を得る必要があるので、契約を交わすときに懸念される可能性があります。

親しい人間間でなければ、負担付を死因贈与として受け取ってもらえる可能性が少ないのがデメリットです。

ペット信託代わりになる

ペット信託代わりになる負担付遺贈と負担付死因贈与の両者には、共通のメリットがあります。

そのメリットは、ペット信託代わりに利用できるというものです。

ペット信託は確実性が高い分、高い費用が必要です。

自分の死後にペットと一緒に暮らしてほしい人が居るときは、負担付遺贈、または「負担付死因贈与」を活用すると良いです。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください