HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問死亡後の手続きに必要な書類とはー戸籍謄本、戸籍抄本、除籍謄本、身分証明書

死亡後の手続きに必要な書類とはー戸籍謄本、戸籍抄本、除籍謄本、身分証明書

死亡後の手続きに必要な書類とその用途

【戸籍謄本】

戸籍謄本戸籍に乗っている全員分を映したもの。

除籍された人も含まれます。

戸籍謄本が必要な死亡後の手続きは、

・健康保険、国民健康保険の埋葬料、葬祭料の申請時

・遺族年金の申請時

・個人名義の銀行貯金や郵便貯金、株式などの名義変更時

・個人名義の電話、自動車、不動産の所有権の名義変更時

・相続税の申請時

・郵便局の簡易保険の受け取り時

【戸籍抄本】

戸籍に記載されている人のうち、請求者が必要なぶんだけを写したもの。

戸籍妙本が必要な死亡後の手続きは、

・生命保険の死亡保険金の請求時

になります。

【除籍謄本】

除籍謄本1つの戸籍から、離婚、死亡、分籍、転籍などで全ての人が除かれた場合、その戸籍は除籍として残ります。

そこに乗っている人を全て写したものを、除籍謄本と呼びます。

除籍謄本が必要な死亡後の手続きは、

・個人名義の生命保険や簡易保険の死亡金の請求時

・個人名義の電話加入権や自動車の所有権の転移時

・個人名義の銀行貯金や郵便貯金、株式などの名義変更時

・故人が会社員だった場合の役員登録の変更時

改製原戸籍謄本(かいせいげんこせきとうほん)が必要になることもあるので、その場合はそれを所得するようにしましょう。

【身分証明書】

次の4つのこと全てに当てはまる場合、死亡後の手続きの際に必要になります。

・破産宣告を受けていない

・成年被後見人とみなされていない

・被保佐人とみなされていない

・準禁治産者ではない

この証明は、本籍地で取得することが可能です。

代理人に取得を依頼するときには、委任状が必要になります。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください