HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問負担付遺贈と条件付遺贈について

負担付遺贈と条件付遺贈について

遺贈の基本

負担付遺贈と条件付遺贈遺贈とは、遺言に沿いながら、被相続人が自分の財産を処分するための方法の1つです。

被相続人が自分の財産をするためのものなので、原則は自由です。

遺贈に様々な負担、条件、期限を決めることもできます。

また、負担がついているものを、負担付遺贈と呼びます。

条件がついているものを、条件付遺贈と呼ぶので、覚えておきましょう。

この2種類は、基本的に同様の扱いをされますが、厳密な法的効果は違うので、覚えておきましょう。

負担付遺贈と条件付遺贈の違い

負担付遺贈の負担は、遺贈者が負う法律上の義務のことを言います。

この負担は、条件ではないので、負担を実際に行わなくとも、遺贈の効力が生まれてしまいます。

負担を実行しなかった場合は、別の問題が発生するので気をつけましょう。

また、条件付遺贈の条件は、停止条件であれば、条件が成立して、初めて、遺贈の効力が発生します。

解除条件ならば、条件成立後、当然、効力はなくなります。

負担付遺贈と条件付遺贈の違い遺贈が、負担なのか条件なのかは、遺贈の書き方で不透明な場合もあります。

受遺者が遺言の効力が始まった地点で、当然に受遺者が法律上の義務を負うかが基準になります。

ですが、原文の解釈が重要になるので、遺言の内容次第では、相続人同士でもめごとになる可能性が高くなるので、気を付けましょう。

【こちらも合わせて読みましょう!】

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください