HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問変死や伝染病による死亡の場合

変死や伝染病による死亡の場合

■変死の場合

警察医から検死を受ける必要があります変死とは、自殺、事故死、火災などの焼死、他殺が原因の場合を指し、警察が検視を行ったり、警察医から検死を受ける必要があります。

死亡の原因を確認するためです。

検死の結果、必要な場合は、行政解剖や司法解剖が行われます。

一度、警察医の手に渡るのには、訳があります。

死亡届を出すために、検察医から死体検案書をもらう必要があるからです。

変死の場合は、警察から遺体が戻るまでに、最低でも1日以上かかるため、お通夜やお葬式の日程を決めるのが難しくなります。

ですが、遺体が帰ってきたら、すぐに告別式などの段取りが組めるように、前もって準備をしておくと良いです。

■伝染病の場合

指定されている伝染病(重症急性呼吸器症候群、コレラ、細菌性赤痢、腸チフス、などの病気)にかかって死亡してしまったとします。

その場合、市区町村長、もしくは、免疫委員、予防委員等の許可が無ければ、遺体を動かすことが出来ません。

伝染病の場合許可が下りた場合は、火葬し、遺骨を持ち帰ることが出来ます。

遺骨を持ち帰った後は、改めて、お葬式をしましょう。

特定された伝染病でない故人の場合は、火葬までに24時間あける必要がありますが、伝染病にかかっている場合は、24時間待たずに火葬します。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください