HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問故人が死亡した後にすることー住宅ローンと死亡保険金ー

故人が死亡した後にすることー住宅ローンと死亡保険金ー

故人が死亡した後にすることー住宅ローンー

住宅ローン銀行などの住宅ローンを組むときには、団体信用生命保険の契約をするのが基本です。

この団体信用生命保険とは、契約者が返済期間中に死亡した場合に、ローンの残金と同じ金額の生命保険金が生命保険会社から銀行に支払われるというシステムです。

住宅金融支援機構のローンは、任意での加入ですが、年金担保融資や年金銀行ローンは、加入が義務付けられています。

金利に団体信用生命保険料が含まれているプランもあるので、利用する際には確認してみましょう。

故人がどの団体信用生命保険と加入しているかを確認し、借入先の金融機関へ手続きを依頼します。

この手続きの場合、住宅ローンは亡くなったと同じタイミングで完済扱いになるので、故人の債務ではありません。

死亡保険金に含まれるお金の種類

死亡保険金に含まれるお金の種類生命保険の死亡保険金は、相続税、所得税、贈与税が含まれます。

課税対象となる税金の種類ですが、保険料を負担した人や保険金の受け取り人によって変わってきます。

また、所得税が含まれるのは、死亡した被保険者と保険金受取人が同じ人です。

また、相続税がかかるのは、死亡した被保険者と保険料の負担者が同一人の場合のみです。

贈与税がかかる場合は、保険料の負担者、被保険者、保険金の受け取り人が全て違う場合です。

受取人が相続人となっている場合、相続税の非課税の適用があるので覚えておきましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください