HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問檀家制度の変化と新しい墓檀家とは

檀家制度の変化と新しい墓檀家とは

変わった檀家の制度と新しい墓檀家について

変わった檀家の制度と新しい墓檀家について
時代が変化するにつれて、檀家や檀家制度にいろいろな変化がありました。

江戸時代の少しあとの檀家制度は法的に整備されていたので、必ずどこかのお寺の檀家になる必要がありました。

また、この時代の檀家制度は、寺請制度と呼ばれていました。

この時代の檀家制度は、制度で戸籍を管理し、名簿には檀家の家族、奉公人、出入りしている行商人などの記載が存在しました。

そこに、氏名、年、所属寺が明確に書かれていたのです。

分かりやすくいうと、今町役場が行っている住民管理を昔はお寺がすべて、請け負っていたのです。

この時代の檀家は法的に定められていたので、多くの掟がありました。

形は異なりますが、‘寺の行事への参加’、‘お布施’、‘葬儀を依頼する’などの掟は、今現在でも残っています。

昔と今で大きく変わったのは、檀家にならずとも僧侶を呼ぶことが出来るので、読経や供養を行うことが出来るという点です。
お寺そして、お寺も強制的な金銭面での援助を求めることがなくなりました。

また、現代では、‘墓檀家’というものを取り扱っているお寺もあります。

これは、決まったお寺に開眼法要や納骨法要など、お墓で行われる法要のみを専属で行ってもらうというものです。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください