HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問永代供養墓にかかる必要な費用と納骨

永代供養墓にかかる必要な費用と納骨

永代供養墓で必要な費用と納骨について

永代供養墓の納骨についてお話します。

永代供養墓で必要な費用と納骨について合祀(ごうし)、合祀墓と呼ばれる永代供養墓についてです。

はじめに遺骨を骨壺から出し、1ヵ所にまとめ、土に埋葬します。

合祀墓と呼ばれる納骨方法です。

これには、期間が決められていて、その期間はお寺によって違います。

大体、3回忌~50回忌の間でバラバラで設定された期間で、納骨檀か棚に骨壺(木の墓や布袋の場合もある)へお骨を入れます。

その後合祀したお骨を分骨して、一部を一定期間、もしくは、永代に安置します。

永代供養墓:合祀で選ばれなかったお骨の行方

選ばれなかったお骨は、お彼岸、お盆、秋彼岸に合同供養を行います。

お寺によって違いますが、最低でも年に1回、もしくは毎年供養を行ってくれます。

また、毎年洋月命日や回忌供養を行っているところもあります。

永代供養墓の費用について

永代供養墓の費用について詳しくお話しします。

永代供養墓の費用永代供養墓の料金は、1つで一式として計算されます。

料金の明細は、こんな感じです。

  • ・永代供養料:永代に供養してもらうための料金。
  • ・刻字料:墓誌に納骨者の名前を彫るための費用

この2つが、一般的に明細表に記載される料金です。

これらの名目で記載される料金には、全て永代使用料や永代管理料、納骨料などが含まれています。

また、お寺によっては、以下の料金を設定していることもあります。

  • ・刻字料が別
  • ・納骨法要のお布施
  • ・2人以上の申し込みや、複数申し込みで割安になる
  • ・生前申込すると入会費、年会費、入団料が必要になる

この4つが設定されていることもあるので、事前に確認しましょう。

また、料金はお寺によって異なるので、10万円という格安な永代供養墓があれば、100万円以上が必要なこともあります。

ですが、最初から土へ埋葬する合祀なら、大体10万円からあり、お骨を一定期間安置したい場合は、30万円から50万円くらいが必要でしょう。

【関連記事】

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください