HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問相続税の考え方とマイナスの相続税について

相続税の考え方とマイナスの相続税について

相続税の考え方とマイナスの相続税

相続税の考え方とマイナスの相続税相続によって、財産を取得すると相続人は相続税を収める必要があります。

相続税は、遺産の恩恵を身内のみで受け取るというものではなく、相続税を社会へ還元しようという意味があります。

また、裕福な家庭とそうでない家庭とで格差が広がるのを防止するための役割も、相続税には含まれています。

ですが、相続税は、かなり高額になることもあります。

その一方で配偶者に対しては、税額を軽減するなどの相続人の税負担が軽くなるように考えられた制度もあるので、基礎的な知識を知っておきましょう。

相続税の対象には、本来の相続税のほかに被相続人が亡くなったことで受け取る保険金や退職金などもみなし相続財産として考えられます。

相続が始まってから3年以内に被相続人から贈与を受けた財産も相続税として扱われるので、気を付けましょう。

【相続財産となるもの】

相続財産となるもの・不動産
・現金
・預貯金
・有価証券
・家財道具
・美術品
・宝石等

【みなし相続財産とは】

・被相続人が亡くなってから受け取る財産
・保険金
・死亡退職金等

【3年以内の生前贈与】

・死亡から3年前までの贈与財産

相続財産から差し引かれるもの

相続財産には、取得したプラスの財産のみではなく、マイナスの財産も存在します。

主にマイナスとなるのは、相続した被相続人の債務や、負担した葬式費用です。

これらの債務は相続税の計算をするときに、債務控除分として相続財産から引くことが出来ます。

【関連記事】

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください