HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問キリスト教の追悼儀礼について

キリスト教の追悼儀礼について

キリスト教の追悼儀礼

キリスト教の追悼儀礼キリスト教には、カトリックとプロテスタントがあります。

ですが、カトリックとプロテスタント両方とも、追悼儀礼についての詳しい決まりが存在しません。

カトリックは、死亡した日から、30日、もしくは50日の間で行う、納骨式の前に、追悼儀礼の代わりにミサが行われます。

納骨式前のミサのほかにも、命日前、命日近くの日曜日のミサの時を利用して、同時に祈りを依頼します。

追悼のミサは、日本の神式、仏教同様に遺族、近親者、知人が招かれることが多いようです。

また、日本の宗教と似ている点は、ミサが終了した後に、お茶会のようなささやかなパーティーが開かれ、故人を偲ぶところです。

日本でも茶会や、精進料理などが出されますよね。

11月は死者の月ープロテスタントは記念式ー

11月は死者の月キリスト教では、‘11月’を‘死者の月’と考えるそうです。

死者のためのミサや、お墓参りが行われます。

また、11月の中でも、‘11月2日’は‘死者の日’と定められているので、いつもとは違う、特別なミサが行われます。

プロテスタントは、死後1ヵ月目の召天記念日として、記念式が行われます。

この記念式は、1ヵ月目以外にも、1年目の命日に行うこともあります。

カトリックとプロテスタントでは、はっきりとした決まりはないものの、プロテスタントは、記念式が1度しか行われないようです。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください