HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問キリスト教の祭壇とは

キリスト教の祭壇とは

キリスト教の祭壇ー仏式との様々な違い

キリスト教の祭壇
キリスト教で使われる祭壇についてお話しします。

日本では、告別式を行うのが基本です。

ですが、キリスト教では異なります。

日本で行われるキリスト教の葬式は、‘折衷的儀式’という形で行われます。

また、キリスト教では、焼香を行わず、代わりに献花をします。

献花の順ですが、遺族、親族、参列者という順番で行われますが、このとき、故人の供養という意味はありません。

花で祭壇を彩り、生前のことへの感謝を伝えるために、棺の周りを飾るという意味があります。

故人に対して‘参拝する’という考えがないので、遺影写真や、遺体を拝んだりはしません。

キリスト教のお別れの儀は、献花ですが、仏式同様に焼香が用意されていることもあります。

キリスト教のお葬式は、祭壇の一番上に十字架がおかれます。
十字架は、キリスト教の信仰を表すもので、とても重要です。

基本的に、十字架の周りは、カーネーションなどで飾られ、祭壇は、生花祭壇が一般的です。

花は、ユリ、菊、バラ、カスミソウ、ストックなどが選ばれ、希望によっては、色花を組み込んだ生花祭壇が作られることもあります。

カトリック、プロテスタントでの祭壇の違い

カトリック、プロテスタントでの祭壇の違い
カトリック生花祭壇というものがあります。

これは、中心に牧師が立つことを考慮し、生花を左右に配置した祭壇です。

また、プロテスタント生花祭壇というものは、‘威厳’、‘純潔’、‘無垢’の花言葉を持つ白ユリを使い、生花で作った十字架を飾った祭壇です。

また、供花として花を飾るときにも、白い花しか使うことが出来ず、花輪を飾ることはタブーなので覚えておきましょう。

花輪の代わりに、花かごに花を入れてアレンジしたり、花束を使うほうが一般的です。

キリスト教では、神の前では、みな平等です。
なので、供花は名前札を外して供えられます。

また、キリスト教の葬儀では、お供え物は供えません。

カトリックでは、故人の罪を神へ詫び、許しを請い、永遠の命を得られるように
祈るのが基本で、言葉の典礼や感謝の典礼を行うのは、ミサなので覚えておき、
間違えないようにしましょう。

プロテスタントでは異なり、神への感謝をします。

感謝すると同時に、遺族をケアし、聖書の朗読、賛美歌斉唱、牧師からの説教が行われます。

キリスト教は様々なしきたりがありますが、他の宗教同様に、キリスト教の葬儀も時代が変わるにつれて、変化しつつあります。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください