HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問埋葬料の補助をもらうための手続きについて

埋葬料の補助をもらうための手続きについて

埋葬料と手続き

埋葬料と手続き故人が健康保険(健康保険組合や全国健康保険協会、共済組合などの国民健康保険以外の医療保険)に加入していた場合の話です。

健康保険に加入している場合は、埋葬料が支払われます。

受けることが出来るのは、故人が生計を維持していた遺族のみで、実際に埋葬をした喪主が、この手当てを受けることが出来ます。

つまり、埋葬料の申請が出来る方が故人しかおらず、誰も申請が出来ない場合、喪主が代わりに申請するという流れになります。

また、退職後に亡くなった場合でも、退職後3ヵ月以内であれば、請求が可能です。

故人が健康保険の被扶養者の場合は、被保険者に家族埋葬料の名目で支給されます。

支給額は、どちらも5万円が上限です。

この5万円の内訳は、埋葬にかかった費用(霊柩車代、火葬料、祭壇一式料など)が含まれます。

埋葬料の支給は申告制です。

申告を忘れてしまうと、支給を受け取ることが出来ません。

申請の期間は、死亡後2年以内と決められています。

この期間を過ぎてしまうと受け取る権利がなくなるので、注意しましょう。

申請先は、故人の勤務先が加入している健康保険組合、もしくは、年金事務所です。

申請のときに必要な書類は、健康保険埋葬料(費)請求書、健康保険証、埋葬許可証もしくは死亡診断書の写し、印鑑、振込先の口座番号が必要です。

記入後、書類に間違いがなく、スムーズにいけば2週間から3週間で埋葬料が支給されます。

故人が健康保険の被保険者の資格を焼失していても、3ヵ月以内に死亡した場合、埋葬料を請求することが可能です。

埋葬料の申請について

健康保険に加入していた故人に身寄りがおらず、友人や知人が葬儀の費用を負担した場合は、費用を負担した方に埋葬料が支給されます。

埋葬料の申請について支給金額は、5万円を上回った支払い分です。

また、申請の手続きは遺族と同じ方法で行いますが、葬儀費用の領収証が必要になります。

葬祭費や埋葬料は死亡したことに対しての支給ではなく、行われた葬儀、埋葬に対しての支給です。

葬儀、埋葬を行っていなければ支給を受け取ることは不可能です。

また、業務上の事故や通勤災害で亡くなった場合は、労災からの支給となり、また異なった申請が必要です。

労災で手続きをする場合は、故人の勤務先によく確認をしましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください