HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問葬儀後の法要について

葬儀後の法要について

葬儀後の法要ー死者を冥福を祈る法要ー

法要は、別名法事と呼びます。

この法要は、死者の冥福を祈り、魂(霊)を慰めるために行う儀式のことです。

葬儀後の法要仏教の教えでは、死亡後7週間(49日)を中陰(ちゅういん)と呼び、死者が現世と冥途の間をふらふらと浮遊していると考えています。

その間に、現世にて、供養を行い、死者の魂が無事に極楽浄土へと旅立ち、成仏が出来るように願います。

昔は、死後7日が経過するごとに、追善供養と呼び、供養をしていました。

最初の初七日法要は、遺骨迎えと同時に行うことが多くありました。

そして、それ以降の49日までの法要と、100日法要は内密で終わらせるのが基本でした。

最近では、あまりこのように頻繁な頻度で、法要を行う家庭はほとんどなくなってきました。

四十九日以降の法要

四十九日以降の法要49日は、満中陰(まんちゅういん)と呼ばれ、一周忌までの法要の中では、1番重要な忌(き)明けの法要です。

遺族、近親者、友人、知人などの参列者を招き、行うのが一般的です。

また、35日を忌明けとすることもあり、忌明けは地域によってさまざまです。

地域や家によって異なりますが、初七日、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、三十三回忌は省略されることもあります。

十三回忌は、弔い上げとして、法要をここで終わらせることが多くあります。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください