付款付き遺言書とその用語について

蒼葉葬儀社

menu
HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問付款付き遺言書とその用語について

付款付き遺言書とその用語について

付款付き遺言書

付款付き遺言書に関係する用語を簡単に説明します。

■条件

実現するのか、発生するのかが不確定であること。

■期限

1.将来発生することは確かだけども、時期が不確定なこと。
2.死亡してから3年を経過したとき。

が、有名です。

■停止条件

一定の事実が生まれるまで、法律的効力の発生を止めておくもの。

例)結婚したら、不動産を譲る等

■解除条件

一定の事実が生まれたとき、法的効力を解消するもの。

例)離婚したら、建物を明け渡す等。

■始期

開始時期で、終期は終了時期。

■負担付遺贈

負担付遺贈受遺者に対等し、対価と言えないほどの義務を負担するを求めるようにする。

この方法は、条件を付けて相続させるときに使用する遺言です。

条件が曖昧だと、反対に相続人を混乱させることになるので、明確な条件を書くようにしましょう。

遺言を書くときには、どういった内容にすれば、スムーズに相続することが出来るかを、前もって検討するようにしましょう。

遺言書を書くときには、行政書士などの専門家に相談しましょう。

付款付き遺言書の種類

付款付き遺言書の種類について。

・条件付き遺言書

付款付き遺言書の種類・停止条件付き遺言書

・解除条件付き遺言書

・期限付き遺言書

・始期付き遺言書

・終期付き遺言書

・負担付き遺言書

付款付き遺言書は、この7つに分けることが出来ます。

この7つは、一般的に使われている遺言書の種類です。

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須ご質問内容


ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください [showwhatsnew]