HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問墓荒らしの実態と防犯対策方法とは

墓荒らしの実態と防犯対策方法とは

金属、貴金属を狙う墓荒らしの実態

金属、貴金属を狙う墓荒らしの実態
墓荒らしの被害が増えていることを知っていますか?

有名な方のお墓でもない一般人のお墓に、「墓荒らしなんてあるのかしら?」と思うかも知れません。

しかし、墓地/墓所は犯人にとって人目に付きづらい場所なので、墓荒らしの犯行は増加しています。

金属で作られた備品を盗み、国外で売るという墓荒らしの被害が増えているのです。

副葬品となる納骨棺(カロート)部分の貴金属、花立て、遺品の時計などが多く盗まれます。

首都圏の近くでは、多くの霊園で、数十件以上に及ぶ墓荒らし被害が報告されています。

寺社など、住職や家族が同じ敷地内に住んでいたり、近隣に家を設けているケースでは、犯行が目につきやすいため、大きな霊園に比べると被害が少なくなって
います。

防犯対策のしっかりとした霊園を選びましょう

防犯対策のしっかりとした霊園を選びましょう実際に被害にあった霊園では、昼間は管理人が管理し、目が届く状態だったことがわかっています。

しかし夜間は無人になり、防犯対策が行き届いてしませんでした。

こういった事例を含めても、霊園を選ぶときには、まず‘防犯対策について’聞いてみると良いでしょう。

また、山の近くにある墓地では、野生動物がお供え物を食べたり、土を掘り返してしまったりすることが多くあります。

食べ物をお供えするときには、持ち帰るようにしましょう。

泥棒とは異なりますが、墓荒らしに近い犯罪

泥棒とは異なりますが、墓荒らしに近い犯罪
泥棒とは異なりますが、お骨を納める場所に納得していない別の親族がお骨を持ち出し、別の霊園などへ移動させるという事例もありました。

これは、遺骨領得罪、もしくは、盗難罪に値し、死体損壊罪になることもあります。

いくら納得していないからといって、無断でお骨を持ち出すのはやめ、きちんと話し合いで解決しましょう。

納得していない方がいる場合、強引に決定せず、その方と良く話あって、お互いが納得のいく場所へ納めるようにすることで、こういったトラブルを避けることが出来ます。
Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください