HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問役僧について

役僧について

役僧とは?

役僧とは役僧について、お話しします。

役僧は、お葬式や法事で導師からの指示を受ける僧のことを指します。

基本的にお葬式を仕切っているのは、導師ですが、お葬式の規模が大きければ大きいほど、導師の次に偉い脇導師がいます。

そして、その下に役僧が付きます。

導師は、菩提寺の住職や、住職資格を持っている僧侶しか務めることが出来ません。

また、菩提寺よりも寺格が上の寺院から僧侶を呼ぶことも可能です。

脇導師は、導師が住職資格を持っている僧侶に依頼し、手伝いをお願いする立場にあります。

ですが、役僧は住職資格を必要としません。

また、役僧の別名は、‘伴僧’、‘用僧’です。

それぞれの僧侶にお布施を渡す

それぞれの僧侶にお布施を渡す何人かの僧侶をお葬式で呼んだ場合、それぞれにお布施を渡す必要があります。

お布施の金額についてなど、わからないことがあれば、葬儀社の担当の方や、地元住人、専門機関などに問い合わせておきましょう。

葬儀社によっては、契約しているお寺が所もあります。

また、役僧は普段、お葬式に参加する以外では、寺の事務仕事や、境内の掃除、檀家を周り、お経を読むなどの職務をしています。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください