HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問寝棺について

寝棺について

寝棺とはー火葬場が出来てから寝棺になったー

寝棺とは寝棺は、故人を仰向けに寝かした状態で納棺するものです。

現在、使われている棺は、この寝棺タイプです。

江戸時代には、桶型の座棺が主流で、座棺に収まらないほど座高の高い人以外は、寝棺に納棺されていました。

今の日本では、法律で火葬をすることが決められているため、天然の木で作られた棺や、合板棺、布を張った布張り棺が主流です。

棺は時代によって変化している

古墳時代には、寝棺として割竹形木棺が使われています古墳時代には、寝棺として割竹形木棺が使われています。

その後も、平安、奈良時代にも寝棺が使われました。

現代行われている、‘北枕で西向きで納棺する’という風習も、一部の地域では昔から存在していたといわれています。

鎌倉時代には、樽型が座棺として使われていました。

基本的に座棺は、火葬設備がなかった時代に、棒を利用して棺を移動出来て利便性が高かったため、座棺が使われていたと考えられます。

このように昔からの風習によって、棺の形が変化していますが、火葬場が設けられたことで、今回お話しした寝棺が主流となりました。

一度明治に、火葬禁止令が出ましたが、土葬が難しかったため、撤回されたという事実もあります。

一般の人からすれば、寝棺を身近に感じるようになったのは、火葬、霊柩車などが世に出始めた頃です。

寝棺と呼ばれている今の棺の歴史は深く、近代葬儀文化が確立した戦後の新しい風習です。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください