HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問読経(どきょう)について

読経(どきょう)について

読経とは

読経とはお葬式で僧侶などが行う読経(どきょう)についてのお話しです。

読経には、仏教徒(僧侶)が教文を、音読するという意味があります。

この音読には、経は声をあげて読むのが基本で、仏前にて経を読み上げるという意味があります。

読経は、経典の意味を分かった上で、実践する、もしくは記憶し、多くの方へ知ってもらうために行っていたものです。

ですが、読経自体が宗教的な効力を持つようになってきました。

読経は、1人の僧侶が教文を見ながら音読することです。

また、暗誦することは誦経となり、数人の僧侶が行う読経は諷経と呼ばれることで区別されています。

読経の別名は、誦経(じゅきょう)、読誦(どくじゅ)、諷経(ふぎん)です。

読経は人生を幸せな方向へ導く

読経が行われるのは、お通夜、お葬式、法事のときに読み上げられることが多いので、死者へ送るものだと考えている方が多くいます。

ですが、実際、死者へ読経することによって、参列者、遺族、親しい友人などに、説法を説くことも行っているのです。

読経は人生を幸せな方向へ導くまた、法要以外でも、常日頃から声に出して音読することで、読経を耳に出来るので、良い人生を歩むための教えを覚えることが出来るのです。

生きている間に起こる、辛いことや悲しいこと、頭を悩ませていることを減らし、幸せな状態へ導くための言葉や教えが書かれたのが経です。

自分自身をケアするために、読経へ救いを求める方もいます。

また、本来の読経のあり方は、ケアでもあるのです。

読経の意味について知っていれば、次お葬式に参列したときに、前回よりも耳を傾けて内容を聞くことが出来ますよね。

読経はよく耳をすませば、それとなく言葉を聞き取ることが出来るので、意味を紐解くこともできるでしょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください