HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問お葬式で使われる一本花ー樒(しきみ)について

お葬式で使われる一本花ー樒(しきみ)について

お葬式で使われる一本花とは?

故人が亡くなってから、自宅などで安置する時に、枕飾りを用意します。

枕飾りには、様々な仏具を置きますが、花を一輪挿しでお供えすることもあります。
お葬式で使われる一本花
枕飾りの仏具と一緒に供える一輪挿しの花を、

‘一本花’

と呼びます。

一本花の由来は、所説ありますが、お釈迦様の弟子である、大迦葉だいかしょうが花を一本だけ持ち、歩いてくるバラモンと話している時に、釈迦入滅の知らせを受けたことが由来だといわれています。

樒の呼び名と特徴、準備と使用期間について

■呼び名

樒の次に選ばれるのは菊の花一本花で選ばれる花は、樒(しきみ)が多いです

このことから、一本花という呼び方以外に、一本樒という呼ばれ方になることもあります。

また、樒の次に選ばれるのは菊の花です。

菊の花も一輪しか使わないので、注意しましょう。

樒は、仏教と深い関わりがあります。

樒の別名は、‘仏前草’です。

仏教の花といえば、蓮華を連想する型がいますが、減法大師が日本で入手しずらい青蓮華の代わりに、入手しやすい樒を使っていたことも由来となっています。

■特徴

樒の特徴は、強い香りです。

昔は、樒を供えて、臭気を消すためにお香として供養具として、使われることもありました。

納棺の際には、臭気を消す役割として、樒の葉を敷くこともあります。

また、乾燥させて粉末状にしたものは、抹香や線香の原料でもあります。

土葬の時代は、毒性が強い樒を墓地周辺に植えられることの多い、ヒガンバナと一緒に植えることで、お墓を動物に荒らされないようにする狙いもありました。

■準備

枕飾り一本花は、あくまで枕飾りです。

基本的には、遺族が用意しますが、現代は葬儀社の力を借りることも出来ます。

一本花は、臨終後に自宅に安置しているお通夜までの間に使うものなので、枕飾りと同じ期間使います。

【関連記事】

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください