HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)とは

南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)とは

南無釈迦牟尼仏について

南無釈迦牟尼仏について南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)には、‘釈迦牟尼仏に帰依する’という意味があります。

天台宗の宝号、曹洞宗の本唄名で使われます。

釈迦牟尼仏は、‘お釈迦様’の別名です。

釈迦族の牟尼(聖者)という意味があり、名前の冒頭に南無が付くのは、‘全てを任せます’という気持ちが添えられています。

また、この宗派に沿って作られた仏壇の中心には、必ず釈迦牟尼仏が祀られます。

曹洞宗では、「皆仏の子だから、生まれて物心を持っているにも関わらず、気づかず生活をして、苦しみや悩みを抱えている中で、釈迦に帰依すれば、心が落ち着き、どのような苦労も乗り越えていける新年が来て、それを生きがいに幸せを見つけられる」という教えがあります。

宗派が違っても、基本的に南無釈迦牟尼仏から始まる

座禅からの悟りが基本お葬式では、黄檗宗、臨済宗、どちらも、南無釈迦牟尼仏を唱えた後、読経が始まります。

曹洞宗が有名な禅宗では、お経メインではなく、座禅からの悟りが基本なので、お題目などとは違い、繰り返し唱えません。

ですが、お経を読む前には、必ず南無釈迦牟尼仏を唱えます。

曹洞宗のお墓には、南無釈迦牟尼仏と南無釈迦如来の両方が彫られることが主流になりつつあります。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください