HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問文殊菩薩(もんじゅぼさつ)について

文殊菩薩(もんじゅぼさつ)について

文殊菩薩についてー釈迦の脇侍ー

文殊菩薩について文殊菩薩(もんじゅぼさつ)について、お話しします。

文殊菩薩とは、大乗仏教の菩薩で、智慧(知恵)をつかさどっている仏と言われています。

実在したインドの人が元となっているともいわれ、普賢菩薩道央に釈迦の脇侍です。

また、文殊菩薩像は、獅子の背の蓮華座に結跏趺坐して、右手に利剣、左手に経典を乗せ、青蓮華を持った見た目をしています。

また、密教での文殊菩薩像は童子の形の像を使うこともあります。

弾宗では、修行僧の姿を表現した、聖僧として、僧堂に飾られています。

修行の最中の僧侶を表した姿なので、文殊菩薩と呼ぶことはせず、文殊大工と呼ばれることもあります。

その他、文殊菩薩の別名は、‘妙吉祥菩薩’‘文珠菩薩’です。

頭が良いとされる文殊菩薩

頭が良いとされる文殊菩薩文殊菩薩が登場する初めの頃の大乗経典で認知度が高いのは、般若経典とされ、お釈迦様に代わって、空を説いたものです。

ことわざで、‘三人寄れば文殊の知恵’というものがありますが、文殊菩薩は、智慧、知識があることから、頭の良い人の象徴でもあります。

文殊五尊図の中に描かれた菩薩は、

  • 文殊菩薩
  • 優填王
  • 仏陀波利三蔵
  • 善財童子
  • 大聖老人の五尊

で、中国を筆頭に、日本でも多く目にすることが出来ます。

獅子にまたがる文殊を、脇侍が囲うように描かれています。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください