HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問お葬式が行われる意味と死について

お葬式が行われる意味と死について

お葬式が行われる意味と死について昔、日本人は死を‘肉体から魂が分離したもの’と考えていました。

なので、お葬式は肉体と魂のそれぞれを仕立てる必要がありました。

他の魂が肉体に入らないように、封印して葬ったのです。

ですが、肉体とは反対に、肉体から離れることを出産に例えて、赤ちゃんが生まれるときと同様のことを行ったそうです。

赤ちゃんには、産湯(今でいう新生児が入るお風呂)をつかわせ、産着を着せ、この世で生きるための名前を付けます。

それを真似して、死者は末期の水を取り、湯灌(お風呂)に入り、死装束を着せ、あの世の名前の戒名を僧侶につけてもらいます。

また、ご飯をお茶碗に盛り、箸を立てて作る枕飯も、魂がどこか違う場所へ行かないように、‘おいしいもので引き止める’ためのものです。

また、生まれたばかりの魂は、この世でいう赤ちゃんと同様にやんちゃで、不安定なところがあるとされ、予想だにしないような事態が起こることもあると、恐れられた存在でした。

この魂を、荒魂と呼びますこの魂を、荒魂と呼びます。

荒魂が暴れだせば、村全体へ被害が及ぶと考えられていたので、村が一つになって、いたわりました。

荒魂が和魂になり、無事にあの世へ行けるようにという思いを込め、村全体でお葬式を行ったそうです。

現在でも、地域の組み内や町会が中心となり、葬儀を行う場所があるのは、このような風習が根強いことが理由でしょう。

あの世とは?

あの世とは?亡くなった方の魂の多くは、肉体から分離し、あの世へ旅立つと考えられています。

あの世は、この世と正反対の世界だとされています。

出棺するときに、故人が生前愛用していたものを入れるのは、環境に早く慣れてほしいという願いもあります。

また、とある地域には出棺のときにお茶碗を割る風習があります。

お茶碗を割る風習は、この世で壊れたものを、あの世で完成されるという考えが元だといわれています。

また、時間も逆だとされ、この世が夜の時、あの世は朝だといわれています。

あの世の朝、明るいときに亡くなった方の魂を送り出すためは、この世の葬儀は夜に行ったそうです。

最近のお葬式は、夜が主流ですが昔は違いました。

また、祭壇にろうそくや提灯などの灯りを飾るのは、昔の名残が影響しているといわれています。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください