HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問お通夜への遅刻について

お通夜への遅刻について

お通夜に遅刻はOK?NG?

お通夜は基本的に、夜から始まります。

1時間から2時間程度行われる、いうなれば、故人とのお別れの儀です。

本来、遺族、近親者のみで行うのが一般的でした。

お通夜への遅刻についてですが、平日にお葬式や告別式が行われることが多いため、都合をつけることが難しい人もいます。

その場合、お葬式や告別式には参列せず、お通夜に参列するという参列法が主流になりつつあります。

仕事などの予定を済ませてから、参列する方が多いです。

ただ、予定を片づけているときに、予想していないことが起こり、お通夜の開始時間を過ぎてしまうこともあるでしょう。

また、お通夜が始まるのは、18時から19時頃なので、ちょうど仕事が終わった頃に、直接向かうことが出来る方が多いです。

お仕事が終わってから、直接向かう場合は遅刻しないようにしましょう。

前の日にお通夜があることを知っている場合は、喪服や香典の用意をし、当日は上司や同僚へ「お通夜があるから早く帰る」ということを伝えておきましょう。

ですが、人が亡くなるタイミングは予測することが難しいものです。

もしものお通夜が心配なときは、会社のロッカーなどにお葬式グッズを入れておくことで、急なお通夜にもスムーズな対応が出来ます。

21時まではあきらめずに、向かいましょう

お通夜への遅刻についてどのような場合でも、遅刻は厳禁ですよね。

ですが、お通夜はタイミングによっては、遅刻が可能なのです。

だからといって、のんびり向かってはダメですが。

お通夜は、基本的に30分以内の遅刻ならば、焼香には間に合うことができます。

会場についたら、まずは葬儀社の方へ声をかけましょう。

30分以上遅刻してしまう場合でも、諦めずに駆け付けるようにしましょう。

焼香は終わっている可能性が高いですが、遺族の方は斎場に居るでしょう。

一言、声をかけてください。

遺族の方は、遅刻してでも、駆けつけてくれるほど故人を思ってくれていた人が居るだけでも、うれしいのです。

遅刻してしまったことのお詫びと、お焼香をしましょう。

「忙しいのに、駆け付けてくれた」となると、嬉しさもより一層大きいですが、かなり遅い時間に駆け付けるのはやめましょう。

遺族は、故人の葬儀の準備や、参列者への気配りで疲れています。

遅刻し、到着が21時以降になる場合は、お通夜への参列はあきらめ、可能ならお葬式、告別式に参列しましょう。

参列が難しければ、後日、自宅へ訪問すると印象が良いです。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください