HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問白骨の御文について

白骨の御文について

白骨とはー御文は法語で書かれるー

白骨とは白骨、白骨の御文は、浄土真宗本願寺である八代蓮加の法語にあてはまります。

御文は、手紙のように書かれています。

内容的には、「朝には紅顔ありて、夕には白骨となれる身なり」という一文は多くの方が知っているのではないでしょうか?

また、この文には、「人の無常を悟り、念仏をしましょう」という意味も込められています。

御文は、蓮加の書いた消息を、圓如が編集したといわれています。

ここでの、消息とは、手紙(御文)のことです。

合計80通もの手紙が書かれ、一帖から五帖まですべて年月順に並べられています。

五帖には、年月がわからないものも進められています。

御文は、蓮加が全国にいる門徒に対して、布教活動の一部の手紙として書いていた法語で書かれていました。

また、御文は全て仮名で書かれていました。

御文は浄土真宗で読まれる

御文は浄土真宗で読まれる白骨とは、御文の五帖第16通目のもので、御文の中では一番有名なものです。

在覚法語を元として、書かれているそうです。

亡くなった後の一大事に直面したときに、助けになるようなことが書かれているそうです。

このようなことが書かれるのには、訳があります。

それは、「人は亡くなったあとどのようなことになるのか全く分からない」という不安があるからだといわれています。

このような不安の少しでも軽くするためには、阿弥陀仏に帰依し、称名念仏とする必要があると書かれています。

白骨の御文は、浄土真宗のお葬式やお通夜、枕行などで読まれます。

浄土真宗のお葬式に参列した時には、ぜひ耳を傾け、ここで紹介した意味を考えてみましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください