HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問遺産分割の4種類について

遺産分割の4種類について

遺産分割の方法

相続人が2人以上いるときは、財産の分割を行う必要があります。

分割の方法は、以下の通りです。

①指定分割

遺産分割の方法遺言による、相続は法定相続を優先するという大原則です。

遺言からの指定が法定相続の相続分と異なっても、基本的には、遺言に従いますが、遺留分などの請求があるときには、また違った方法をしなければなりません。

相続人全員の合意がある場合は、指定に従う必要はありません。

②協議分割

協議分割とは、遺言の指定がないときに、相続人全員が協議をし、分割する方法です。

基本的に民法の法定相続分を目安にしながら、遺産の不動産、預貯金、有価証券など、各相続人の生活状況を考慮に入れ、どういった分割にするか話し合いをしましょう。

話がまとまらないときは、法定相続分に従うようにしましょう。

また、協議のときには、特別受益や寄与分も考慮しましょう。

③調停分割、裁判分割

調停分割、裁判分割協議分割は、相続人のすべてが合意しない限り、成り立たないものです。

遺産分割協議がまとまらない場合は、家庭裁判所に遺産分割の調停、もしくは、遺産分割の裁判を申し立てることが、可能です。

このように分割にも色々あることを知っておきましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください