HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問今も奈良で行われている土葬について

今も奈良で行われている土葬について

奈良で行われている土葬

奈良で行われている土葬今の時代、日本で亡くなった方のほとんどが火葬されています。

火葬される割合は、9割にも上ります。

政令指定都市には、土地をもっていないなどの事情が関係し、土葬を原則として禁止しています。

ですが、日本のすべての地域で土葬が禁止な訳ではありません。

とはいっても、衛生面などの問題もあるため、ほとんどの地域が政令指定によって、土葬が禁止されています。

このように多くの場所で土葬が禁止されている日本ですが、奈良の山間部の一部にて、土葬で埋葬をしているところがあります。

自治体が定めた、土葬を許可する条件を紹介します。

  • ①地下水や飲み水に影響のない場所
  • ②住民からの理解が得られること
  • ③管理の目が行き届いているか

この3つの条件をクリアすることが出来れば土葬が出来ます。

奈良県の土葬の実態

土葬を奈良県で行うときには、奈良県にある近隣組織が協力し、お通夜・お葬式を作り上げます。

奈良県の土葬の実態尚、近隣組織は10軒くらい存在しています。

この組織を、「垣内」と呼び、参列する方の接待・お葬式の受付業務の手助けをしてくれます。

ですが、最近は葬儀社を利用する家庭が増えているので、垣内が手を貸すことは少なくなってきています。

垣内が活躍する場は少なくなってきていますが、今も垣内を利用している地域もあります。

土葬の流れ

土葬の流れ土葬をするときは、男性4人が力を合わせて棺を運びます。

その後、遺影を持った喪主、位牌を持った遺族、親族の順で列をなして土葬地まで向かいます。

一般参列者は親族の後に続きます。

場所に到着したら、土葬にて埋葬しますが、土葬は通常とは違い、位牌が2つ存在します。

この位牌を、1つお墓に置きます。

お墓に置いた位牌のことを「野位牌」と呼び、四十九日の忌が明けたあと、炊き上げか、お墓に置いたままにしておくそうです。

そして、もう1つの位牌は、「内位牌」と呼ばれます。

この位牌は、家に持ち帰るのが一般的だそうです。

位牌の材質は、どの地域でも多く使われている白木です。

他にも奈良県には、茶碗割、門火などの儀が根強くあります。

茶碗割は故人が愛用していた食器を割ることで、「心配せずに、安らかに」という意味が込められています。

門火は、お盆などの送り火や迎え火と同じ意味があり、門火は、藁を燃料に使います。

また、土葬乗れ式は古く、石器時代から始まり、現代は、仏教以外の宗教にて、土葬が行われています。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください