HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問喪中の過ごし方とは

喪中の過ごし方とは

喪中の過ごし方ー喪に服すー

喪中の過ごし方近親者が死亡した場合、一定期間、喪に服さなければなりません。

喪に服すことを‘忌服(きぶく)’と言います。

今までは、死のけがれなどがついている期間を、忌と呼び、けがれが少なくなってきた時期を喪と呼んでいました。

忌中の間は、遺族は慶事(けいじ)事に参加すること、関わることが出来ません。

昔は、家にこもって過ごしたそうです。

今では、基本的に四十九日の法要までが忌中、一周忌までを喪中と呼びます。

ですが、葬儀が終わったあと、いつも通りの生活に戻るが一般的ですよね。

喪に服する近親者は、配偶者(両親、子供)、2親等(祖父母、兄弟姉妹、孫)などの血族とされています。

ですが、故人が姻族であっても、1親等でが同居している場合、喪に服すこともあるので覚えておきましょう。

慶事事や、お正月はおとなしく

喪に服している間は、原則、祝い事への出席はタブーです。

結婚式、祝賀会、落成式などに招待された場合は、忌明けまでは欠席するのが一般的でした。

ですが、最近は、不幸の前から予定されていたものであれば、参加することが多くなってきたようです。

喪に服している間は、原則、祝い事への出席はタブーお正月の過ごし方も異なります。

喪中に迎えるお正月は、門松、しめ縄、鏡餅などの正月らしい飾りはしません。

年末年始の挨拶まわり、初詣等も原則禁止です。

故人が2親等で、同居していなければお正月の飾りをしたり、年賀状を出すことが出来ます。

年祭や中元は、四十九日まで控え、それ以降は通常通りで良いでしょう。

年賀状は、欠礼状を出しておくことで失礼のない対応が出来ます。

年賀状欠礼上には、「誰がいつ亡くなったのか」を明記し、年賀状の受付が始まる前の12月頭くらいには、先方に届くようにしておきましょう。

欠礼上が間に合わない場合は、年明け、松の内が過ぎたころに寒中見舞いと一緒に、年賀状欠礼の詫びを送っておきましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください